未分類

【自主 – 長編映画】主演キャストの募集を始めました

GWに撮影予定の長編映画(自主)にて、主演キャストの募集を開始しました。ステキな役者さんに出会えますように。みなさま、どうぞよろしくお願いいたします! 応募はこちらから https://cinepu.com/membo/d24049/ 【撮影期間】2019年4月28〜5月5日 約8日間(予定) 【ジャンル】 ドラマ ※男女4人を2組に分けて物語が進むオムニバスストーリー 【尺】90分 【あらすじ】いつか売れると信じ日々映画制作に取り組む映画専門学生の皆川大輝(23歳)。4年生大学に通いながら誰にも見られないVtuberとして活動する百瀬歩美(20歳)。彼氏と同棲中で結婚と転職について悩む胡桃沢春香(28歳)。アルツハイマーの母親を看病しながら生活する雪城直行(60歳)。東京で暮らしている男女4人が、自分たちとは縁もゆかりもない国内屈指の大企業に勤める西条一香(25歳)が勤め先のビル屋上から身を投げ自殺をした事件により影響を受け、これまでの生活に変化が生まれ始める。 【募集する役柄】1. 20代前半の女性 as 百瀬歩美(20歳) 2. 20代前半の男性 as 皆川大輝(23歳)3. 20代後半~30代前半の女性 as 胡桃沢春香(28歳)4. 50~60代の男性 as 雪城直行(60歳) 【オーディション日程】・3/31日・4/7日 【条件】*撮影期間を優先できる方*オーディション(東京)に来られる方*ギャランティ相談させてください(ご経験に応じて。多くはありません)*食事、交通費支給 【補足】本作品は国内映画祭、海外映画祭での出品を予定しております。少しだけ社会的にセンシティブなテーマを扱いますが、意義のある作品になると考えています。 製作は20代後半〜30代前半の風通しの良いチームです。GWはぜひ僕たちと一緒に映画を作ってください。

Continue Reading...

オクサワ珈琲点 | 未分類

自主短編ドラマ、さらに海外2つの映画祭の公式セレクション作品に

  「オクサワ珈琲店」ほっこりテイストが受ける!? ☆FilmFest52: オフィシャルセレクション ☆Asian Web Awards: 最優秀賞、ドラマ部門作品賞、脚本賞、美術賞ノミネート の『オクサワ珈琲店』が、さらに海外2つの映画祭の公式セレクションに選ばれました。 ストーリーに大きなイベントがあるわけでもなく、「珈琲店のマスター」と「お客さん」が話しをして終わるシンプルな構成のオリジナル作品。半ばダメ元で応募した映画祭でしたが、FilmFest52、Asian Web Awardsに続き、アメリカのWebisode Festival、イスラエルのNear Nazareth Festival ( NNF)への公式セレクション入りが決定しました。 Webisode Festival アメリカのテキサスを拠点に、今年2回目の開催となるWebisode Festival。ウェブドラマを対象にした珍しい映画祭です。受賞部門は以下の通り:Awards & Prizes Best Comedy, Best Drama, Best Reality, Best Animation, Best International, Best Original Webisode, Best Student Webisode for Comedy, Drama, and animation。セレモニーは2018年1月28日に開催予定です。もし受賞するようなことがあれば行ってみたいなぁ・・・テキサス。 Filmfreewayの公式サイトより Near Nazareth Festival ( NNF) 一方のNear Nazareth Festival ( NNF)は2015年から続くイスラエルの映画祭。上のWebisode Festivalと違い、地元の映画好きをターゲットにしたささやかな映画祭です。『オクサワ珈琲店』はウェブシリーズのため、映画館でのスクリーニングではなくオンラインスクリーニングとして上映されました。 受賞すると、InkTipというプロデューサー、マネージャー、エージェンシーが集まるネットワークでプロモーションできるチャンスが与えられるそうです。 エージェントは:ABC, Anonymous Content, APA, CBS Films, HBO Films, ICM, Paradigm, Paramount Pictures, Hallmark Channel, FX, Universal, WME, Echo Lake, Zero Gravity, Bad Robot, 20th Century Foxなどなど。 受賞を逃しても、イスラエル在住の人に東京世田谷区奥沢の雰囲気を感じてもらえるだけでも、応募したかいがあったなぁと思っています。 Filmfreewayの公式サイトより YouTubeで前エピソード配信中! つづきはこちらから

Continue Reading...