Posted on

自主短編ドラマ、さらに海外2つの映画祭の公式セレクション作品に

「オクサワ珈琲店」ほっこりテイストが受ける!?

☆FilmFest52: オフィシャルセレクション
☆Asian Web Awards: 最優秀賞、ドラマ部門作品賞、脚本賞、美術賞ノミネート
の『オクサワ珈琲店』が、さらに海外2つの映画祭の公式セレクションに選ばれました。

ストーリーに大きなイベントがあるわけでもなく、「珈琲店のマスター」と「お客さん」が話しをして終わるシンプルな構成のオリジナル作品。半ばダメ元で応募した映画祭でしたが、FilmFest52、Asian Web Awardsに続き、アメリカのWebisode Festival、イスラエルのNear Nazareth Festival ( NNF)への公式セレクション入りが決定しました。

Webisode Festival

アメリカのテキサスを拠点に、今年2回目の開催となるWebisode Festival。ウェブドラマを対象にした珍しい映画祭です。受賞部門は以下の通り:Awards & Prizes Best Comedy, Best Drama, Best Reality, Best Animation, Best International, Best Original Webisode, Best Student Webisode for Comedy, Drama, and animation。セレモニーは2018年1月28日に開催予定です。もし受賞するようなことがあれば行ってみたいなぁ・・・テキサス。

Near Nazareth Festival ( NNF)

一方のNear Nazareth Festival ( NNF)は2015年から続くイスラエルの映画祭。上のWebisode Festivalと違い、地元の映画好きをターゲットにしたささやかな映画祭です。『オクサワ珈琲店』はウェブシリーズのため、映画館でのスクリーニングではなくオンラインスクリーニングとして上映されました。
受賞すると、InkTipというプロデューサー、マネージャー、エージェンシーが集まるネットワークでプロモーションできるチャンスが与えられるそうです。 エージェントは:ABC, Anonymous Content, APA, CBS Films, HBO Films, ICM, Paradigm, Paramount Pictures, Hallmark Channel, FX, Universal, WME, Echo Lake, Zero Gravity, Bad Robot, 20th Century Foxなどなど。
受賞を逃しても、イスラエル在住の人に東京世田谷区奥沢の雰囲気を感じてもらえるだけでも、応募したかいがあったなぁと思っています。

YouTubeで前エピソード配信中!

Posted on

オクサワ珈琲店がAsian Web Awardで受賞!

Asian Web Awardの4部門にノミネートされたオクサワ珈琲店ですが、
【続報】AWA2017のBEST DRAMAを含む4部門にノミネート
なんとこの度、ある賞を受賞しました。

ある賞とは、ノミネートされていた4部門での受賞ではなく、
「AWAの姉妹映画祭である、Seoul Webfest 2018のオフィシャルセレクション」という賞。

えと、映画祭で、他の映画祭のオフィシャルセレクションに選ばれる権利を受賞したってこと?
それってバスケのシード的なのなんでしょうか。

ということは作品的には落ちた?

なんだか良く分かりませんが、
司会のおじさんも「いい作品だった〜」とライブストリーミングされた授賞式でコメントくれたし、良いとしますか。

まだまだ審査中の映画祭がいくつかありますので、
是非日本の「オクサワ珈琲店」にご期待ください。