オクサワ珈琲点 | 日本語

ゆるりなドラマ『オクサワ珈琲店』最終話「綺麗な嘘」配信スタート!

  いよいよ、最終話 皆さま、明けましておめでとうございます。2017年春から制作を続けて来ました『オクサワ珈琲店』ですが、ようやく第8話目の最終話を迎えることができました。これまで応援して下さった皆さま、本当にありがとうございました。 最終話「綺麗な嘘」のゲスト出演にはなんと、演出家・蜷川幸雄氏が主催していた「さいたまゴールド・シアター」で役者として活動されている百元夏繪さんをお迎えし「綺麗な嘘」をお送りします。是非お楽しみください。 本編はこちら 1年を通し作品を作ってみて・・ 作品を1からプロデュースしてみて、力及ばずな所がたくさんありました。たくさんの人に迷惑をかけたし、何より自分が思い描く作品を実現させるのがこれほど難しいとは思っても見ませんでした。金銭面でも、演出面でも。 それでもドラマシリーズ物、やってみて本当によかったと思っています。この作品を通して自分の実力を知ることができたし、課題も見えました。また多くの人と繋がることができ、海外の映画祭からは公式ノミネートをいただいたり、また配給のお話もありました。 自主制作の世界でも無名のままですが、2018年も懲りずに、誰かに届く、どこか素敵な作品を作っていけたらいいなと思っています。 これまでサポートいただいたキャスト・スタッフの皆さま、作品を応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。 皆さまにとって、2018年が良い1年になりますように 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 これまでのエピソードはこちらから オクサワ珈琲店 作品ページ

Continue Reading...

オクサワ珈琲点 | 未分類

ウェブドラマ『オクサワ珈琲店』がAWA2017の公式セレクション入り

昨年の冬ごろからコツコツと作ってきた『オクサワ珈琲店』が、 優れたウェブ映画、ウェブシリーズ、ユーチューバーなどを表彰するAsian Web Awards 2017(アジアン・ウェブ・アワード2017)の公式セレクションに選定されました。 アジアらしい怪しい(ダサい?)ホームページのAWA2017。この後どのように審査されるのか良くわかっておりませんが、他にも面白そうな作品がセレクション入りしているので、地味な作風のオクサワには受賞は難しいのかな・・汗。何はともあれ、こうやって評価していただけて嬉しい限りです。 このオクサワ、その辺にありがちな暇つぶし動画のようにも見えますが、 実はなかなかの挑戦の元に作られた作品なのです(作品として面白いかとうかはさておき・・) 個人的に挑戦したと思っているのは、 ・おそらく日本初のウェブ短編ドラマを制作した事 ・シリーズを通して変わらない世界観を築き上げる事 ⇒5分前後になにかしらのイベントが起き、まとめるのはとても難しかった。 TVコナンのシナリオをいくつか手掛けている脚本の能塚と共に苦悩した。 ・アフタークドカンの流行に歯向かう事 今の日本の主流になっている、少し面白い、軽いテンポの流行に惑わされない事。 ⇒寝ても覚めてもクドカンの事ばかり考え、クドカンのエッセイまで持っているほどクドカンを尊敬しているが、そろそろクドカンが作り出した会話コメディーの時代から抜け出したい、と思ってそういった要素を全て排除した ・日本のインディーでありがちな暗さや死、コンプレックスを徹底的に排除した ⇒なぜかこのごろの日本映画は暗い。よく泣く。叫ぶ。方やコメディーは童貞やオタクが主人公など極端。しかもそういう作品が映画祭で受ける!泣くことばかりが人生じゃないと思う。。 ・映画祭での評価や、作品の面白さにあえてこだわらなかった ⇒上と同じ理由で、日本の映画祭や観客に媚びずに作品をつくった。作り上げたかったのは、誰も否定されない、そして自分が探している答えを自分が見つけられる優しい世界。どこか居場所がないと感じている人が寝る前に見て「ふーん」って一瞬でも寂しさを忘れられるような、そんな世界を目指した。 結果、小津安二郎ばりにスロウな、そして大きなイベントは一つも起こらない人間ドラマ『オクサワ珈琲店』が出来上がった。 ご紹介いただいた某サイトでは「なんやこのくそドラマ」、など痛烈なコメントをいくつかいただいたのですが、それでも応援してくれる視聴者(1話は2,000再生を超えました)や友達に支えられ、残すところ最終話のみとなりました。 ※アメリカ在住の友達Hello & Goodbyeが作ってくれたファンアート。 ああすればよかった、こうすればよかったという後悔はクリエイターの常で有りますが、この作品も例外ではなく、珈琲店なんだからもっとコーヒーに拘るべきだったという、どうしようもない後悔に苛まれながら最終話を迎えます。皆様あと1話、どうかお付き合いください。 AWA2017については結果が出次第また報告を! ↓オクサワは下から2番目。ご期待下さい。 オクサワのこれまでのエピソード

Continue Reading...

オクサワ珈琲点 | 未分類

寝る前におすすめ 短編ドラマ「オクサワ珈琲店」最新話 “家出の理由”編

Koto Films オリジナルドラマ『オクサワ珈琲店』 シーズン1最新話、7杯目 “家出の理由”編を公開中です! 是非見てね! Koto Films Original Web Series “The Okusawa Cafe” : Episode 7 ナルシストなマスターが「奥沢コーヒーストリート」としてにわかに注目を集めている世田谷区奥沢に開いた小さな喫茶店。そのなもオクサワ珈琲店。どんな悩みも解決しちゃうと噂の珈琲店には、今日も一癖あるお客さんがやってきます。今日のお客様はどこか変?コーヒーを前に泣き崩れてしまうお客様に、悩んでいる人を放っておけない新入バイトのハルは勇気を出して声をかけるが。。。 シーズン1最終話、第8杯目近日配信予定!! 是非お楽しみに! ハル:Alisha(アリーシャ) 武田:Yuki Chuzan(中山祐貴) オーナー:Nakada Tenshi。(仲田天使。) マスター:Yuki Tamura(田村祐貴) Director:Kotaro Asano DP:P.O.T Editor:Kohei Ito Sound:Super Oki Makeup:Sayaka Ichinose Writer:Yuki Notsuka AD:Niki Takahashi AD:Junko Nabeyama Set Design:Tomomi Hoshikawa Special thanks to BAR nasa & Nagisa Mizushima

Continue Reading...

未分類

ドラマ仕立てのCMを検証してみる

海外も含めCMをいくつか見てみました。 総じてアメリカのCMはクオリティが高かった。 脚本が綿密に組まれているため、無名の俳優を主役に起用してもしっかりとストーリーを感じさせることができている印象。 一方で日本のCMはどれも俳優の魅力や存在感ありきでつくっている感じ。しかも無名の俳優を主役におく場合でも同じような撮り方をするため、作品として魅力がマイナスになってしまっている例が多かった。 本日プロデューサーがクライアントとの打ち合わせに出席。問題がなければCM制作が決まるとのこと。 決まったら初のCM撮影だけど決まるといいな。 一瞬だけど自主卒業だなーなんて。 別件でドキュメンタリーの監督のお話もいただいてたけど、スケジュールが合わず断念。早く撮影したい! なお今回参照にしたのは以下のCMです。 コメントも添えているのでよかったら見てね😂 Dan ————————————————— ▼English for beginners 日常を限りなくリアルに描く。 演出は少なく、自然に。 俳優が有名でなくても惹き込まれる。 ▼Apple Misunderstood 言葉無し、俳優が有名でなくても良さを肌で感じる 見た後の充実感がある ▼Apple iPhone5s parenthood 上に同じ。生活を切り取る。 ドラマであってドキュメンタリー。 ▼Dad Insurance For Fearless Dreams | @AmFam® 日本のCMのように無理矢理感動されるのではなく、腑に落ちる。 ▼Apple — Home App — Welcome Home 言葉がなくてもIoTの豊かさが伝わり憧れが生まれる。 以下日本 ▼ダイハツ 企業CM 日本のどこかで 製品の良さを中心で伝えつつも自然で惹き込まれるドラマ。 瑛太さんでない場合、同じ結果がえられるかは(?) ▼東京ガスストーリー 妻夫木くん主演であるものの、 これから伝える事、やる方向が明確に打ち出されているため CMの嫌みがない。無名俳優でも演技力があれば可。 ▼東京ガス ドラマの背景として上手く製品を紹介している。 演技力があれば無名俳優でも可。 ▼感動のCM 最高の名作 サントリーオールド 名作。ドラマとしても完璧、そして製品に繋がる余韻がある。 が、今回のクライアントに合うかは微妙。 ▼ダイワハウス【TVCM】「ここで、一緒に」もしも篇 リリーフランキー、深津絵里、撮影監督、予算、 全てがあったからこそ実現したクオリティー。 無名俳優、低予算の機材では難しい? ▼月桂冠 月 永作さん主演。ドラマの世界観の完成度が名作。 お酒のCMだからできる?雰囲気なのか。 生活の場で生活を芳醇にすると考えれば、いける? 無名俳優でも演技力があれば可能性あり。 ▼Sea Breeze ドラマとして成り立っているが広瀬すずちゃんありき ▼三菱地所レジデンス「暮らしにドラマを」 本編 60秒 HD 絶対に陥りたくないドラマの典型。 意味が分からない上に、つまらない。設定も無理矢理。

Continue Reading...