Posted on

夫婦で『ギフト 僕がきみに残せるもの』を見てきたよ

お嫁さんのCさんと「ギフト 僕がきみに残せるもの」を鑑賞してきました。


先輩が宣伝を務めている作品。FBのシェアで知ったのですが、
予告編の段階ですでに「これは見なきゃ」の胸騒ぎが。

いつかは親になるであろう僕とCさんとで一緒に見たいなと思い
お嫁さんを誘って渋谷のヒューマントラストへ。

ドキュメンタリーに☆をつけるのは変だなぁと思いつつ、
ギフトは文句無しの☆☆☆☆☆(五つ星!)でした。

作品としていい悪いの話ではなく、
新婚の夫婦として、本当にたくさんの事を学べた2時間でした。

始まって10分もしない内に泣いてしまった2人。

作品については下記のあらすじを参考にして頂きたいのですが、
夫婦の事、親子の事、息子の事、仕事、夢、、、
自分が置かれている環境の全ての物事に感謝したくなる、そんな濃い時間。。。

ドキュメンタリーの被写体となる事を選んでくれた、
スティーヴ・グリーソンと妻ミシェルに心から感謝したいと思います。

あななたちが泣きながらでも歯を食いしばって前向きに標してくれた道は、
多くの人の道しるべになるはずだし、

僕とCさんにとっても、2人のこれからの人生を考える上で、
とても大切な作品になりました。

Thank you from bottom of my heart!!
Go Team Team Gleason!!

みんなも見てね!

あらすじ アメリカン・フットボールの最高峰NFLのニューオーリンズ・セインツに所属するスティーヴ・グリーソンは、特別なスターだった。2006 年、ハリケーン・カトリーナにより壊滅的な被害を受けたニューオーリンズで、市民が待ちに待っていた災害後最初のホームゲームにおいて、奇跡のようなスーパー・プレイでチームを劇的な勝利に導いたからだ。それから5年後、すでに選手生活を終えたグリーソンは、ある日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告される。そして、そのすぐ後、妻ミシェルとの間に初めての子供を授かったことがわかる。 自分は我が子を抱きしめることができるのか。生まれ来る子のために、自分は何が残せるのか。グリーソンは、まだ見ぬ我が子に贈るためにビデオダイアリーを撮りはじめる……。(Filmarksより)

Posted on

圧倒的な現実 – あなたの目を覚ますかもしれないドキュメンタリー11選

ドキュメンタリーの圧倒的な現実に、
あたかも自分が暮らしている現実の世界がまるで映画のような、
まるで現実じゃないような不思議な気分になったことはないだろうか。

暴力も死も生も、料理までも圧倒的に描ききるドキュメンタリー。

*本業の仕事柄Netflix作品と関わることが多く
この1年時間があればドキュメンタリーを見てきました。
(*本業は写真家/監督業じゃないです。yet)

今日はその中でもかなりきついブローをいれてきた作品を紹介します。
多少偏りがありますが、まずはこの11作品
※紹介文はNetflix、映画.com、シネマトゥデイ、DISCOVERYから引用。

1. ラスト・チャンス
ドーピングや学業不振、退学処分などの問題を抱え、表舞台から姿を消した米カレッジフットボールの問題児たち。とある無名大学のチームで自分と向き合い、チームの全米優勝、そして一部リーグへの復活を目指す。
米雑誌GQの同名記事にインスパイアされた、Netflixオリジナルドキュメンタリー

2. カルテル・ランド
『ゼロ・ダーク・サーティ』などのキャスリン・ビグローが製作総指揮に名を連ねた、メキシコ麻薬戦争の闇に迫る衝撃のドキュメンタリー。一般市民も巻き添えとなり、数多くの死者が出ている過酷な現実に切り込んでいく。監督は、ドキュメンタリー作品のプロデューサーなどを手掛けてきたマシュー・ハイネマン。
麻薬戦争の最前線に乗り込み実態を映し出した本作は、第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた。

3. イントゥーザインフェルノ
世界各地の大噴火や煌々と流れる溶岩の迫力の映像とともに、
火山を畏れ敬う火人びとの儀式を取材し、火山と人間の関係を考えるヴェルナー・ヘルツォーク監督作品。

4. 最後の祈り
救急や集中治療室で、患者、家族、医師が迫られる厳しい選択。終末期医療の在り方を問う、Netflixショートドキュメンタリー
治療を続けても病状改善の可能性はゼロに近く、それでも延命治療を続けるかどうかを問われた患者の家族は、倫理的な決断に迫られる。
監督は、「みんなのための資本論」などのドキュメンタリー作品で撮影を手がけ、自らもドキュメンタリー映画作家として活動するダン・クラウス。
第89回アカデミー賞の短編ドキュメンタリー部門にノミネート。

5. ベーリング海の一攫千金
嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を追う。
強風や荒波にさらされる過酷な環境で漁を行うのは、まさに命懸け。
しかし、彼らが直面するのは自然の厳しさばかりではない。人間関係の難しさや衝突、葛藤とも闘わなければならない。
荒れ狂う海の上で繰り広げられる筋書きのないドラマ。
https://youtu.be/_WQ6Ej94NGU

6. ヤング@ハート
平均年齢80歳のコーラス隊“ヤング@ハート”の活動を追った音楽ドキュメンタリー。年に1度のコンサートに向けて、ソニック・ユースやボブ・ディランの曲を練習するメンバーたちの様子を、ドキュメンタリー作家として活躍するスティーヴン・ウォーカー監督が映し出す。メンバーそれぞれのキャラクターが笑いを誘う一方、
自らの老いや死を冷静に見据え、歌うことは生きることという彼らの姿に胸が熱くなる。

7. パーソナル・ソング
認知症の音楽療法として、iPodで好きな歌(パーソナルソング)を聞く試みを行った患者たちの様子をカメラで捉えたドキュメンタリー。認知症の患者が好きな歌を聴き、音楽の記憶と共にさまざまな思い出がよみがえってくる瞬間を映し出す。
多くの患者たちを変化させた音楽療法の効果や、患者やその家族たちの喜びにあふれた姿に感動を覚える。

8. 13th 憲法修正第13条
現在も根強く残るアメリカの人種差別問題と歪んだ刑務所制度の関係性に鋭く切り込んだ社会派ドキュメンタリー。1865年に制定された奴隷制を禁止する修正法「合衆国憲法修正第13条」はすべての人に自由を認めるはずのものだったが、「犯罪者は例外」という言葉が抜け穴となり、黒人が犯罪者として逮捕されやすい現状を招くこととなった。長年に渡って「大量投獄システム」の標的にされ続けてきたアフリカ系アメリカ人たちの苦難の歴史を、
政治家や活動家、学者、元受刑者たちへのインタビューを交えながら明らかにしていく。第89回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞にノミネートされている。

9. シェフのテーブル
国際的評価も高い料理界のスターたちが、日々厨房で、極上の料理を創り続ける姿と彼らの熱い想いに迫る。
エミー賞候補となったドキュメンタリーシリーズ。

10. ファッションが教えてくれること
毎号、アメリカ女性の10人に1人の約1300万人が購読する米ヴォーグ誌の編集長アナ・ウィンターに迫ったドキュメンタリー。2007年秋のファッション特大号である9月号の締め切り5カ月前、編集部やデザイナーの提案する衣装にダメ出しをしたり、
コラボレーション企画を開発したり、分刻みで仕事をこなしていくアナ。スパルタながらも真摯に仕事に取り組むアナの素顔を映し出す。

11. アート・オブ・デザイン
様々な分野で時代を切り開いてきたデザイナーたちに注目。
その創造の源泉でもある内面に光を当てれば、生活のそこここに息づくデザインの力が見えてくる。