未分類

映画好きのためのサントラ通信

友達のカラリスト(カラー・グレーディング)と先日飲んだ。 同じく映画監督を志す彼はとっても大切な友人の1人なのだけど、 好きな映画や監督の話をしていて気がついたことがある。 彼と僕とでは、 「映画を見る視点」「しびれるポイント」が大きく違うのである。 彼は映画の撮影技法やテクニックにしびれ、 僕は映画の演技や自然さ、そして何よりサントラにしびれていた。 この違いは大きなもので、僕はなぜみんなの様にスピルバークを敬愛できないのであろう、とこれまで悩んでいたのだかが、おそらく原因はここにあった。 スピルバークの映画音楽にしびれたことがないのだ。 僕はエンリオ・モリコーネが作曲を担当した「ニューシネマパラダイス」 が映画へ興味を持った入り口なのだが、 情緒あるクラシックを幼少期から聞きすぎたせいか、 スピルバーグ映画の音楽はどうも味気なく、軽く聞こえてしまう。 だから彼が好きな監督に入らない。 方やスピルバーグを敬愛する人たちは、 彼の撮影技法やテクニックにしびれることができる人たちなのだ。 それが僕にはできない! 監督志望の身としては致命的だが、 そうやって映画を好きになってしまったのだから仕方がない。 僕はサントラが映画の全てだ!論に命をかけて、 僕の映画道を歩んでいこう(言い過ぎだけど、嘘でもない) あー、、、すっきりした。 ということで僕は、日本のどこかにいるであろう サントラマニアに向けて、コツコツとサントラ通信を書いていこうと思う。 未熟な知識ではあるが、どうかお付き合いいただきたい。 スピルバーグ派の方、悪しからず。 Dan

Continue Reading...