Posted on

アメリカより奥沢珈琲店のファンアートが届く!!泣)))

長く、時に孤独な映画の道のりには友人が欠かせない。

昨年の1月から制作を続けている、世田谷区奥沢を舞台にした人間ドラマシリーズ「オクサワ珈琲店」。そのファンアートをアメリカで活動するアーティストの友人が作ってくれました。

「オクサワ珈琲店」を、懐かしいレトロな昭和感と優しさ溢れる手描きペイントで表現してくれた友人🙏🏻✨アメリカからの小包を開けた時には嬉しさのあまり半泣きでした。

誰も否定されない世界、指図されることなく、それぞれの課題をお客さん自身の手で解決できるような、そんな優しい珈琲店の世界を作ってみようと制作された全8話の「オクサワ珈琲店」。(9月最終話公開予定)
退屈に感じたのか、紹介していただいたメディアサイトではコメントに「何やこのくそドラマ」と批評をいただき、世間のYouTuberが圧倒的な視聴数を稼ぐ中、置いていかれる奥沢のドラマ、みんなの時間。

それでもこうやって遠く離れた友人に見てもらって、そして応援してもらえるのは何にも変えがたく、心の底から元気が湧いて来た、
絵の力、増して友人が持つ励ます力に救われた、1映画制作者なのでした。
The Artsy Asian姐様、本当にありがとう!!

オーダーメイドペイントは日本からもオーダーできるそうなので、
気になった方は是非ウェブサイトを見てみてください。
↓↓↓↓
Hello & Goodbye

思わず「うふふ」と暖かい気持ちになっちゃう作品ばかり。


「オクサワ珈琲店」のファンアートのメイキングムービーはこちら。
素敵すぎて、涙をこらえるので必死です(;_;)

Leave a Reply

Your email address will not be published.