FILM / PHOTO | 冷たくて熱い

映画のタイトルが決まりました。

映画のタイトルが決まりました。『冷たくて熱い』 監督と深夜のディスカッションの中でほろりと出てきた言葉がベースになっています。 色々と補足の説明もありますが、まずはしっくりくるタイトルに出会えてよかった。 脚本はまだまだ荒削り。伝えたい事はすぐそこなのに、なかなかたどり着けない。 撮影間近。死闘は続きます。

Continue Reading...

FILM / PHOTO | 冷たくて熱い | 日本語

【長編映画制作】noteで監督インタビューが掲載されました

流行りのnoteで我らが大坪監督のインタビュー記事を公開しました。GWに撮影する長編映画に対す考えや意気込みを語ってくれています。 米で映画制作を学んだ僕が自身初の長編映画に託したいもの 2019年3月。殺人事件や児童虐待など、凄惨な事件が連日ワイドショーを賑わせている。ひとりの人間が傷付き、時には命を落としているにも関わらず、私たちはその現実をきちんと受け止め、消化できているのだろうか。「(事件や事故の)当事者ではなく“外側”にいる自分たちだからできること」を自身初の長編映画を通して表現しようとしている大坪監督に話を聞いた。 URL: https://note.mu/koto_tokyo/n/n85a81b625eaf  インタビューの聞き手は、新卒社会人だったDanに映画宣伝、配給ののいろはを(そっと)教えてくれた5年来の先輩、さとさんです。お時間ある方、ぜひ御覧ください。

Continue Reading...

FILM / PHOTO | 冷たくて熱い | 日本語

ライターさんに監督インタビューをしてもらいました【4月上旬にnoteで公開予定】

映画宣伝に知見のあるライターさんにお願いして監督インタビューをしてもらいました。 GWに撮影予定の作品について熱く、そして真剣な表情で語る監督。インタビュー内容は4月にnote上で公開する予定なのでご期待下さい。 〜インタビュー内容をメモ〜

Continue Reading...

FILM / PHOTO | 冷たくて熱い | 日本語

人生で初めて自主映画のプロデューサーを担当する件

人生で初めて映画のプロデューサーを担当することになりました。 もちろんこれまでど同じ自主作品ですが、監督ではなく、プロデューサーを専任するのはこの作品が初めて。30才を目前に新しいチャレンジです。GWでの撮影に向け、昨年から監督と二人三脚で準備してきましたがプロデューサーを担当することになったこれまでの経緯ややってみて感じたことをメモしておきます。

Continue Reading...