未分類

圧倒的な現実 – あなたの目を覚ますかもしれないドキュメンタリー11選

ドキュメンタリーの圧倒的な現実に、 あたかも自分が暮らしている現実の世界がまるで映画のような、 まるで現実じゃないような不思議な気分になったことはないだろうか。 暴力も死も生も、料理までも圧倒的に描ききるドキュメンタリー。 *本業の仕事柄Netflix作品と関わることが多く この1年時間があればドキュメンタリーを見てきました。 (*本業は写真家/監督業じゃないです。yet) 今日はその中でもかなりきついブローをいれてきた作品を紹介します。 多少偏りがありますが、まずはこの11作品 ※紹介文はNetflix、映画.com、シネマトゥデイ、DISCOVERYから引用。 1. ラスト・チャンス ドーピングや学業不振、退学処分などの問題を抱え、表舞台から姿を消した米カレッジフットボールの問題児たち。とある無名大学のチームで自分と向き合い、チームの全米優勝、そして一部リーグへの復活を目指す。 米雑誌GQの同名記事にインスパイアされた、Netflixオリジナルドキュメンタリー 2. カルテル・ランド 『ゼロ・ダーク・サーティ』などのキャスリン・ビグローが製作総指揮に名を連ねた、メキシコ麻薬戦争の闇に迫る衝撃のドキュメンタリー。一般市民も巻き添えとなり、数多くの死者が出ている過酷な現実に切り込んでいく。監督は、ドキュメンタリー作品のプロデューサーなどを手掛けてきたマシュー・ハイネマン。 麻薬戦争の最前線に乗り込み実態を映し出した本作は、第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた。 3. イントゥーザインフェルノ 世界各地の大噴火や煌々と流れる溶岩の迫力の映像とともに、 火山を畏れ敬う火人びとの儀式を取材し、火山と人間の関係を考えるヴェルナー・ヘルツォーク監督作品。 4. 最後の祈り 救急や集中治療室で、患者、家族、医師が迫られる厳しい選択。終末期医療の在り方を問う、Netflixショートドキュメンタリー 治療を続けても病状改善の可能性はゼロに近く、それでも延命治療を続けるかどうかを問われた患者の家族は、倫理的な決断に迫られる。 監督は、「みんなのための資本論」などのドキュメンタリー作品で撮影を手がけ、自らもドキュメンタリー映画作家として活動するダン・クラウス。 第89回アカデミー賞の短編ドキュメンタリー部門にノミネート。 5. ベーリング海の一攫千金 嵐が吹き荒れる極寒の海でカニ漁に挑む男たちの姿を追う。 強風や荒波にさらされる過酷な環境で漁を行うのは、まさに命懸け。 しかし、彼らが直面するのは自然の厳しさばかりではない。人間関係の難しさや衝突、葛藤とも闘わなければならない。 荒れ狂う海の上で繰り広げられる筋書きのないドラマ。 6. ヤング@ハート 平均年齢80歳のコーラス隊“ヤング@ハート”の活動を追った音楽ドキュメンタリー。年に1度のコンサートに向けて、ソニック・ユースやボブ・ディランの曲を練習するメンバーたちの様子を、ドキュメンタリー作家として活躍するスティーヴン・ウォーカー監督が映し出す。メンバーそれぞれのキャラクターが笑いを誘う一方、 自らの老いや死を冷静に見据え、歌うことは生きることという彼らの姿に胸が熱くなる。 7. パーソナル・ソング 認知症の音楽療法として、iPodで好きな歌(パーソナルソング)を聞く試みを行った患者たちの様子をカメラで捉えたドキュメンタリー。認知症の患者が好きな歌を聴き、音楽の記憶と共にさまざまな思い出がよみがえってくる瞬間を映し出す。 多くの患者たちを変化させた音楽療法の効果や、患者やその家族たちの喜びにあふれた姿に感動を覚える。 8. 13th 憲法修正第13条 現在も根強く残るアメリカの人種差別問題と歪んだ刑務所制度の関係性に鋭く切り込んだ社会派ドキュメンタリー。1865年に制定された奴隷制を禁止する修正法「合衆国憲法修正第13条」はすべての人に自由を認めるはずのものだったが、「犯罪者は例外」という言葉が抜け穴となり、黒人が犯罪者として逮捕されやすい現状を招くこととなった。長年に渡って「大量投獄システム」の標的にされ続けてきたアフリカ系アメリカ人たちの苦難の歴史を、 政治家や活動家、学者、元受刑者たちへのインタビューを交えながら明らかにしていく。第89回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞にノミネートされている。 9. シェフのテーブル 国際的評価も高い料理界のスターたちが、日々厨房で、極上の料理を創り続ける姿と彼らの熱い想いに迫る。 エミー賞候補となったドキュメンタリーシリーズ。 10. ファッションが教えてくれること 毎号、アメリカ女性の10人に1人の約1300万人が購読する米ヴォーグ誌の編集長アナ・ウィンターに迫ったドキュメンタリー。2007年秋のファッション特大号である9月号の締め切り5カ月前、編集部やデザイナーの提案する衣装にダメ出しをしたり、 コラボレーション企画を開発したり、分刻みで仕事をこなしていくアナ。スパルタながらも真摯に仕事に取り組むアナの素顔を映し出す。 11. アート・オブ・デザイン 様々な分野で時代を切り開いてきたデザイナーたちに注目。 その創造の源泉でもある内面に光を当てれば、生活のそこここに息づくデザインの力が見えてくる。

Continue Reading...

オクサワ珈琲点 | 未分類

寝る前におすすめ 短編ドラマ「オクサワ珈琲店」最新話 “家出の理由”編

Koto Films オリジナルドラマ『オクサワ珈琲店』 シーズン1最新話、7杯目 “家出の理由”編を公開中です! 是非見てね! Koto Films Original Web Series “The Okusawa Cafe” : Episode 7 ナルシストなマスターが「奥沢コーヒーストリート」としてにわかに注目を集めている世田谷区奥沢に開いた小さな喫茶店。そのなもオクサワ珈琲店。どんな悩みも解決しちゃうと噂の珈琲店には、今日も一癖あるお客さんがやってきます。今日のお客様はどこか変?コーヒーを前に泣き崩れてしまうお客様に、悩んでいる人を放っておけない新入バイトのハルは勇気を出して声をかけるが。。。 シーズン1最終話、第8杯目近日配信予定!! 是非お楽しみに! ハル:Alisha(アリーシャ) 武田:Yuki Chuzan(中山祐貴) オーナー:Nakada Tenshi。(仲田天使。) マスター:Yuki Tamura(田村祐貴) Director:Kotaro Asano DP:P.O.T Editor:Kohei Ito Sound:Super Oki Makeup:Sayaka Ichinose Writer:Yuki Notsuka AD:Niki Takahashi AD:Junko Nabeyama Set Design:Tomomi Hoshikawa Special thanks to BAR nasa & Nagisa Mizushima

Continue Reading...

未分類

なんてこった

CM制作、 クライアント承認を得たはずのプロットでまかさの修正・・・ 初稿も入ってたのに・・・ ここに来るまでにどこかでミスがあったはずなのにうやむやにされる感じ、 嫌だなぁ そしてそのしわ寄せはクリエイティブ&役者に・・・ クリエイティブに入る前に決めておかなければいけないこと、 がやっぱりクライアントありきのお仕事の場合一番大切だと思うんです。 そもそもなんでこのCMを作るんですかっていうKPIの確認から始まって。 でもそれを飛ばしちゃうと、後々でやっぱりぶれてくるよね。 けど文句ばっかり言ってられない。 チームのメンバーである以上、 できる所で貢献していこう。 ここ一番の頑張り所。 いい作品を作るには、いい土台を。 がんばれーおれー 元気ないときに聞くのは TOKYO CULTURE STORY|今夜はブギー・バック(smooth rap) in 40 YEARS OF TOKYO FASHION & MUSIC|presented by BEAMS

Continue Reading...

未分類

叔母から浴衣

岐阜の叔母から結婚祝いとして2人の浴衣が届く🚚 叔母は和裁士なのだけど、 顔合わせのときに京都で丁稚奉公してた時の話を話してくれたけど壮絶すぎて笑った笑。 自分の高校時代(過酷な全寮制)と似てることも多かった。 何事も経験だね。その時は辛いけど。 浴衣は明日の熱海旅行に早速着て行こうかな笑 東海地方にお住いの方は是非三宅和裁へ👘

Continue Reading...