未分類

セルフ・ブランディングとしてのプロフィール写真

実はとても大切なプロフィール写真 時に写真は、被写体自身もまだ見ぬ「魅力」を写し出します。その「魅力」は写真を見た人を強く惹きつけて、被写体の可能性を広げるとご存知でしたか? 日本ではまだ、プロフィール写真に対する関心はあまり高くありません。しかしアメリカを始め、欧米の国で活躍する経営者やアーティストにとって、プロフィール写真は長い間「最も重要なセルフ・ブランディング・ツールの1つ」でした。 なぜかー それは、たった1枚のプロフィール写真が「今後の成功」を決めるきっかけとなる可能性をみんなが知っていたからです。オバマやスティーブ・ジョブス、トム・ハンクスなど一流の人たちは、他人に描いて欲しい自分のイメージを実現するため、それぞれ自分をよく知る写真家にプロフィール写真を撮影させています。 近年はVUCA(※Volatility:変動、Uncertainty:不確実、Complexity:複雑、Ambiguity:曖昧)の時代と呼ばれるほど、世界の流れが早く、昨日までよかったものが、今日すでに時代遅れになっているという事態が様々な場面で起きています。ご存知の通り、日本ではこれまでワークスタイルの主流を担ってきた終身雇用が時代遅れとなり、副業も申請次第ではOK、会社に代わって、個人それぞれが自身のマーケティング、ブランディングを担う時代になってきました。 そう、セルフ・ブランディングの重要さが驚くべきスピードで増しているのです。この不確定な時代を乗り切るためには、これまでのように自身のブランディングをほったらかしにしていては望む成功は遠のくばかり。ブランディングでは「ソーシャルメディアを利用した情報配信」や「新しい技術や知識の習得」など様々な種類がありますが、プロフィール写真は、その中で最も大切な、そして少しの工夫で大きな効果が期待しやすいツールの1つです。 photo by Dan Kotaro どんな場面に必要? ではどんな場面にプロフィール写真が必要となってくるのでしょうか。人によっていらない人もいるのでは?いいえ、業界・業種を問わず、プロフィール写真はその「人となり」を伝えるための「最も重要なブランディングツール」です。使用する場面を例に見てみると、、、 ・ビジネスマンならLinkedInやNewsPicks、企業サイトのプロフィール・役者ならキャスティングや事務所が主催するオーディション・音楽家ならリサイクルのチラシや、Facebook、Twitterのアカウント・知識人なら個人のウェブサイトや執筆した本の著者紹介 上記を見ると、プロフィール写真があなたを知らない”誰か”に「あなた」という人を紹介する最初のツールということがよく分かります。 仮にあなたの写真がイケてたとしましょう。それを見た関係者が「あ、この人良さそうだな」「この人と一緒に仕事がしたいな」と相手が感じるメリットは、今後の成功において、決して小さくないはずです。もちろん成功は実力があってこそ。ですがもし、今あなたがお使いのプロフィール写真が「あなたは不誠実な人間に見える」「センスが感じられない」そういったネガティブなイメージを連想させるような写真だったら?そういった悪い印象/先入観を挽回するのは簡単ではありません。 撮影にはいくらかかる? 撮影にかかる費用はピンきりです。広告を撮影しているような大御所のカメラマンや雑誌などで度々名前が出る有名カメラマンに依頼すれば、1時間5万円を請求される事も少なくありません。一方で、写真学校で勉強中の学生や、趣味で写真を撮影しているようなセミプロのカメラマンに頼めば、数千円〜時に無料で撮影してもらえることも。社員としてカメラマンを雇っている都内のフォトスタジオでは、1回の撮影でおよそ5千円〜2万円ほどが相場のようですね。しかしフォトスタジオも格安スタジオ〜高級スタジオまで様々なスタジオがありますので、これといった平均金額を出すことが難しく、値段で甲乙がつけられないのが現実です。なのでこればかりは、気になったカメラマンやスタジオに問い合わせてみるのが一番です。 また、上記の金額はあくまでもカメラマンに対する報酬の話だったりします。メイクさんやレタッチ費用は別!など聞いたことはないでしょうか。結婚式と同じで、最初の見積もりは安かったけれど、どんどんオプションをつけていくうちに結構な金額になってしまった!!なんてことは撮影でよくあります。 なので最終的な金額は、カメラマンに対する報酬に加え、メイクアップさんの有無、撮影は屋外なのか、屋内なのか、屋外ならばいくつロケーションを回るのか、屋内ならばスタジオはどの規模のスタジオが必要なのか、撮影後のレタッチは必要なのか、撮ったままの画像でいいのか、など希望する諸条件で大きく変わることは覚えておいてください。 おすすめは、まずお気に入りのカメラマンや撮影スタジオを見るけること。見つかったら、問い合わせ&相手に予算を伝え、その中でどういった撮影が可能かを確認することをおすすめします。望む撮影が予算に収まらない、というようなことがあれば、撮影するカット(ポーズ)やロケーションを減らす、納品される画像数を減らすなど交渉してみてください。それに応じて調整してくれます。 photo by Dan Kotaro カメラマン選びで失敗しないコツ 次回は「カメラマン選びのコツ」について書きたいと思います。是非お楽しみに! 撮影のお問い合わせ Danは自由が丘・奥沢を拠点に東京で活動する写真家 / 映画監督です。19才で渡米し、アメリカのSanta Monica Collegeで写真を学びました。卒業後はGUESSを撮影していたカメラマンのアシスタント、パリコレの撮影、L.Aのモデル事務所と提携して専属モデルの撮影などを経験した後、2013年に帰国しました。 撮影のお問合わせはコンタクトページ、またはkotofilms@gmail.comまで、お気軽にご連絡ください。皆様からのご連絡をお待ちしております。 コンタクトはこちら

Continue Reading...

未分類

冬の陽だまり 写真【Tokyo Street Photography】Okusawa 奥沢

寒さがすっと日常に入り込んできた。 街を歩く人は肩を狭めて俯きがちに。僕はといえば家にひきこもりがちに。 そんな冬でも、晴れた日に陽だまりへ行けば、自然と体の力が抜けて、いつも以上に太陽の光を感じられる。 不思議と冬を好きにさえ感じてしまう。嫌いではないけれど、北欧の人がそれを愛するように、日本において必要以上にという意味で。 陽だまりは夏でも陽だまりだけれど、その存在に気がつけるのは、冬の寒い季節だけ。 —————————————————————————– 撮影のご相談はKoto Filmsまで。 ポートレイト撮影については、 こちら(撮影について)をご覧ください。 奥沢・自由が丘の写真家ならKoto Films —————————————————————————–

Continue Reading...

未分類

土門拳と彼が撮りたかった人たち

土門拳(1909~1990) 土門拳は昭和を代表する写真家である。 徹底したリアリズムにこだわった報道写真や、寺院仏像など日本の伝統文化を独特の視点で切り取った作品を発表。 激動の昭和にあって、そのレンズは真実の底まで暴くように、時代の瞬間を、日本人の現実を、そこに流れる日本の心を捉えた。「絶対非演出の絶対スナップ」など独自のリアリズム論を提唱し、戦後写真界をリード。また、写真界屈指の名文家としても知られる。土門拳記念館より (http://www.domonken-kinenkan.jp/domonken/) 土門拳記念館によると、土門拳の住んでいた明石町の家の襖には、土門自身が尊敬する人、好きな人、親しい人たちなど、肖像写真を撮りたい人物の名前がびっしりと墨筆され、撮り終わった人から墨線で消されていた、とあります。 線が多くなると襖紙を上に貼って、また新しく名前を書き並べていたそうで、戦前から戦後にかけて15年間、そうして撮りためた肖像写真を集めた写真集:土門拳 風貌には、尾崎行雄 志賀直哉 志賀潔 梅原龍三郎 永井荷風 島崎藤村 湯川秀樹 藤田嗣治 幸田露伴 レオニード・クロイツァー 上村松園 柳田国男 鏑木清方 小林秀雄 尾上菊五郎 井伏鱒二 宮本百合子 中村梅玉 小林古径 川端康成 水谷八重子 斎藤茂吉 喜多六平太 中村吉右衛門 滝沢修 千宗室 勅使河原蒼風 小原豊雲 市川海老蔵 会津八一 高村光太郎を収録しているそうです。 日本の巨匠から今後の方向性を着眼するのは、ひょっとするととてもおこがまし事なのかもしれませんが、土門拳が撮りたい人を書き留めていたというエピソードを知って、写真家としてこういった歩み方もあるのかと感じました。ファッション業界のクライアントや雑誌編集部の意向にそった写真を技術家として撮影するのではなく、好きな人を敬意をもって撮る。 今撮りたい人はだれだろう。現実的な可能性は抜きに、自分ならこんな写真を撮影したいと思う人・大好きな人は、 山崎努、ビートたけし、タモリ、リリー・フランキー、マツコデラックス、深津絵里、妻夫木 聡、満島ひかり、サカナクション山口 一郎、くるり岸田繁、わするまじおじさんこと:長岡京介、大竹しのぶ、吉田羊、八千草薫、柄本明、三浦友和、是枝裕和 、堀内貴之、マンボウやしろ、森山未來(敬称略)、、、あぁだめだキリがない。 DanはアメリカのSanta Monica Collegeでフィルムから写真を学んだ後、当時GUESSの看板カメラマンだったファッション・フォトグラファーのアシスタントを経験しました。 またパリのファッションコレクションにも参加しましたが、(その時の写真:http://kotofilms.com/portrait_photography_tokyo/paris-fashion-week/)どこか商業的なスペースに将来の居場所を感じられず、その後特定の分野を持たずフラフラと撮影を続けてきました。 今や30代を目前にし、年齢的な焦り、商業で活躍するカメラマンの作品を見る度に湧き出る嫉妬と戦いつつ、どうすれば自分の納得行く方向性が見つけられるのか、未だに模索を続けています。 「そんなモヤモヤしてるのなら、ジャンルを問わずただ撮ればいいじゃないか」そんなお叱りの声も聞こえてきそうですが、もう少し、しっかりと自分の写真とは何なのかを考えたいと思っています。が、いつまでそれも許さるのやら。他の写真家は日々自分の作品と向き合って突き進んでいるというのに・・・ 土門拳の「風貌」には今後のヒントが隠れていそうな気がしています。たぶん。 下は土門拳が昭和27年に撮影したとされる李 香蘭 / 山口淑子 。 背景からポーズから、撮影した角度から、全てが力強い。。。

Continue Reading...

未分類

【ポートレイト】俳優:田村 祐貴

田村 祐貴(以下:ゆーきさん)とはアメリカのロサンゼルスで出会いました。 日本の立派な企業を退社し、俳優になる夢を追って渡米したゆーきさん。当時は僕も俳優をしていました。以来6年間、くっついたり離れたり、苦楽を一緒に経験してきた大事な先輩。アメリカ時代には2年間続いた「トークショー」を、2015年には一人舞台「The seventh man」、2017年には舞台「ベンチ」とウェブシリーズ「オクサワ珈琲店」を一緒にプロデュースしました。   これからの更なる活躍に。 モデル:田村 祐貴 ヘアメイク: 久山 夕稀 撮影: Dan Kotaro —————————————————————————– ポートレイトの撮影はKoto Filmsまで。 詳しくはこちら(プロフィール撮影について)をご覧ください。 —————————————————————————–

Continue Reading...