ウェブドラマ『オクサワ珈琲店』がAWA2017の公式セレクション入り

ウェブドラマ『オクサワ珈琲店』がAWA2017の公式セレクション入り

昨年の冬ごろからコツコツと作ってきた『オクサワ珈琲店』が、
優れたウェブ映画、ウェブシリーズ、ユーチューバーなどを表彰するAsian Web Awards 2017(アジアン・ウェブ・アワード2017)の公式セレクションに選定されました。

アジアらしい怪しい(ダサい?)ホームページのAWA2017。この後どのように審査されるのか良くわかっておりませんが、他にも面白そうな作品がセレクション入りしているので、地味な作風のオクサワには受賞は難しいのかな・・汗。何はともあれ、こうやって評価していただけて嬉しい限りです。

このオクサワ、その辺にありがちな暇つぶし動画のようにも見えますが、
実はなかなかの挑戦の元に作られた作品なのです(作品として面白いかとうかはさておき・・)

個人的に挑戦したと思っているのは、

・おそらく日本初のウェブ短編ドラマを制作した事
・シリーズを通して変わらない世界観を築き上げる事
⇒5分前後になにかしらのイベントが起き、まとめるのはとても難しかった。
TVコナンのシナリオをいくつか手掛けている脚本の能塚と共に苦悩した。

・アフタークドカンの流行に歯向かう事
今の日本の主流になっている、少し面白い、軽いテンポの流行に惑わされない事。
⇒寝ても覚めてもクドカンの事ばかり考え、クドカンのエッセイまで持っているほどクドカンを尊敬しているが、そろそろクドカンが作り出した会話コメディーの時代から抜け出したい、と思ってそういった要素を全て排除した

・日本のインディーでありがちな暗さや死、コンプレックスを徹底的に排除した
⇒なぜかこのごろの日本映画は暗い。よく泣く。叫ぶ。方やコメディーは童貞やオタクが主人公など極端。しかもそういう作品が映画祭で受ける!泣くことばかりが人生じゃないと思う。。

・映画祭での評価や、作品の面白さにあえてこだわらなかった
⇒上と同じ理由で、日本の映画祭や観客に媚びずに作品をつくった。作り上げたかったのは、誰も否定されない、そして自分が探している答えを自分が見つけられる優しい世界。どこか居場所がないと感じている人が寝る前に見て「ふーん」って一瞬でも寂しさを忘れられるような、そんな世界を目指した。

結果、小津安二郎ばりにスロウな、そして大きなイベントは一つも起こらない人間ドラマ『オクサワ珈琲店』が出来上がった。

ご紹介いただいた某サイトでは「なんやこのくそドラマ」、など痛烈なコメントをいくつかいただいたのですが、それでも応援してくれる視聴者(1話は2,000再生を超えました)や友達に支えられ、残すところ最終話のみとなりました。


※アメリカ在住の友達Hello & Goodbyeが作ってくれたファンアート。

ああすればよかった、こうすればよかったという後悔はクリエイターの常で有りますが、この作品も例外ではなく、珈琲店なんだからもっとコーヒーに拘るべきだったという、どうしようもない後悔に苛まれながら最終話を迎えます。皆様あと1話、どうかお付き合いください。

AWA2017については結果が出次第また報告を!
↓オクサワは下から2番目。ご期待下さい。

オクサワのこれまでのエピソード

 

1件の返信

  1. […] つい前回の記事で『オクサワ珈琲店』がAWA2017の公式セレクション入りしたことをご報告しましたが、本日2017年度のノミネート作品が発表され、『オクサワ珈琲店』はBEST DRAMAを含む4部門 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。