Posted on

映画に、真摯に

先ばっかり見てると、前に進めなくなる

と、いうのがまさに最近の自分。

GW中にクリストファー・ノーランやらジム・ジャームッシュやらスピルバーグやら好きな監督の作品を見まくったのはいいけれど、その分レジェンド監督たちのあまりのクオリティーに畏れ慄いてしまった。

オレニハ、アンナノトレナイ!

怖くなった。動けなくなった。
でもよくよく考えてればそれって当たり前だ。

映画の巨匠が何年かけて、いくつ失敗して、今のレベルの映画を作ったと思ってるのか。見えない先ばっかり見たって何も見えない。むしろ見えるのは霧に迷ってる自分の姿だけ。

目の前に見えるものを撮れば

Tom Brosseau(トム・ブローソー)のライブ映像を見ていてハッとした。

僕は、先を見るんじゃなくて、
今の自分と、今の自分が作れる映画に真摯になればいいんじゃないか。

Tom Brosseauはシンプルなギターと自分の歌声だけ。
ぱっと見売れないミュージシャンのライブに見えるその姿勢には、一つの迷いもないように感じた。

そんな姿勢に、ギターの神様が、音楽の神様が微笑み返してるような気がした。
真摯に打ち込み続けてきたからこそ、到達できる境地だと思った。

流行りの音楽に目もくれず、ただひたすら、自分が素敵だと思えるものに自分の時間を費やしていく。Tom Brosseauはそれをやっていた。そして僕もそうなりたいと思った。

イマトリタイモノヲトル

それは誰のためでもなくて、映画と真摯に向き合うため。

Posted on

ゆるりなドラマ『オクサワ珈琲店』最終話「綺麗な嘘」配信スタート!

いよいよ、最終話

皆さま、明けましておめでとうございます。2017年春から制作を続けて来ました『オクサワ珈琲店』ですが、ようやく第8話目の最終話を迎えることができました。これまで応援して下さった皆さま、本当にありがとうございました。
最終話「綺麗な嘘」のゲスト出演にはなんと、演出家・蜷川幸雄氏が主催していた「さいたまゴールド・シアター」で役者として活動されている百元夏繪さんをお迎えし「綺麗な嘘」をお送りします。是非お楽しみください。

本編はこちら

1年を通し作品を作ってみて・・

作品を1からプロデュースしてみて、力及ばずな所がたくさんありました。たくさんの人に迷惑をかけたし、何より自分が思い描く作品を実現させるのがこれほど難しいとは思っても見ませんでした。金銭面でも、演出面でも。

それでもドラマシリーズ物、やってみて本当によかったと思っています。この作品を通して自分の実力を知ることができたし、課題も見えました。また多くの人と繋がることができ、海外の映画祭からは公式ノミネートをいただいたり、また配給のお話もありました。 自主制作の世界でも無名のままですが、2018年も懲りずに、誰かに届く、どこか素敵な作品を作っていけたらいいなと思っています。 

これまでサポートいただいたキャスト・スタッフの皆さま、作品を応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。
皆さまにとって、2018年が良い1年になりますように🎍
本年もどうぞよろしくお願いいたします。