Posted on Leave a comment

MultiTech Celebrates the Opening of a New Japan Office

May 17, 2019, Multi-Tech Systems, a global supplier of M2M and IoT communication solutions has announced to launch its new APAC headquarters in Tokyo.

According to the press release, The new office will be lead by KyungJun Lee, Japan, and South Korea Country Manager, and is located at Level 14 Jingumae Tower Building, 1-5-8 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001 www.multitech.co.uk

“In response demand from both local and growing multi-national customers, we felt the need for a local presence,” said Stefan Lindvall, CEO. “I’m pleased to continue our global expansion with this new office and its stellar leadership in order to better serve our customers and ecosystem partners here in Japan, as well as South Korea.”

“MultiTech has a growing international presence supported by a global network of distributors and partners,” said KyungJun Lee, Country Manager. “I’m proud to bring the world-renowned products of a well-established leader in top-quality Industrial IoT products and services to the region as MultiTech approaches its 50th anniversary in the business of connecting machines.”

About MultiTech
MultiTech designs, develops and manufactures communications solutions for the industrial internet of things – connecting physical assets to business processes to deliver enhanced value. Our commitment to quality and service excellence means you can count on MultiTech products and people to address your needs, while our history of innovation ensures you can stay ahead of the latest technology with a partner who will be there for the life of your solution. Visit www.multitech.com for more information.


Posted on Leave a comment

映画のタイトルが決まりました。


映画のタイトルが決まりました。
『冷たくて熱い』

監督と深夜のディスカッションの中で
ほろりと出てきた言葉がベースになっています。

色々と補足の説明もありますが、
まずはしっくりくるタイトルに出会えてよかった。

脚本はまだまだ荒削り。
伝えたい事はすぐそこなのに、
なかなかたどり着けない。

撮影間近。死闘は続きます。

Posted on Leave a comment

【長編映画制作】noteで監督インタビューが掲載されました

流行りのnoteで我らが大坪監督のインタビュー記事を公開しました。
GWに撮影する長編映画に対す考えや意気込みを語ってくれています。

米で映画制作を学んだ僕が自身初の長編映画に託したいもの

2019年3月。
殺人事件や児童虐待など、凄惨な事件が連日ワイドショーを賑わせている。ひとりの人間が傷付き、時には命を落としているにも関わらず、私たちはその現実をきちんと受け止め、消化できているのだろうか。「(事件や事故の)当事者ではなく“外側”にいる自分たちだからできること」を自身初の長編映画を通して表現しようとしている大坪監督に話を聞いた。 
URL: https://note.mu/koto_tokyo/n/n85a81b625eaf 


インタビューの聞き手は、新卒社会人だったDanに映画宣伝、配給ののいろはを(そっと)教えてくれた5年来の先輩、さとさんです。お時間ある方、ぜひ御覧ください。